読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆話を聞いて欲しい女子・アドバイスをしてしまう男子( *´艸`)☆

 

 

まず最初に言っておくが、

私は「独身(彼女なし)である。

 

ちなみにバツがついたこともなければ、

結婚というものをしたことすらない。笑

 

 

実は、そんな私は、

700人中680人が女子の会社で

114名全員女性社員

のエリアマネージャーの経験。

 

そして、

店舗スタッフが100%女子

のお店で、店長の経験があるのだ。

 

 

 

 

 

その証拠写真の一部である。笑

 

f:id:tosen0302:20160830202418j:plain

 

 

一体、私はどこにいるかわかるだろうか?笑


鼻が伸びまくっているから、
きっとすぐに見つけれられるだろう。笑 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなのに

「なぜ彼女がいないのか?」

よく聞かれるが、

 

そこは、暗闇に放っておいてもらってもいいだろうか・・・。笑

f:id:tosen0302:20160830175731j:plain

 

ご存じのかたもいると思うが、

女子が圧倒的に多い職場は男子からしたら

いわるゆハーレムと錯覚するだろうが、

 

そんな世の中甘くはない。笑 

 

女子という世界は、3人いれば派閥ができる 笑
政界も見習って欲しいくらいである。 

 

 

 

 

 

 

 

逆に、全員男子の職場でむさくるしい思いをした経験もある。笑

 

 

 

 

 

 

そこで、もうひとつ。

全員男の環境に1人女子が加わるだけで、

その女子が普通でも可愛くみえるというあの錯覚

いまだ解明できない「人間界の七不思議」のひとつとも言える 笑

 

f:id:tosen0302:20160830181228j:plain

※写真はイメージです。 

 

貴男もそんな経験ないだろうか?笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな「数多くの実体験」から導き出した

「男女の心理学の法則」を、折角なので

惜しげもなく世に発信しようと思い立った。笑

 

 

 

ま、興味があれば、みて頂ければいいし

興味がなければ、サッカーの中村俊輔並みに

ルーパスしてもらってもいい 笑

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

私が発見した「男女の心理学の法則」は、

実際に多くの失敗と成功体験から導き出されたものなので、確率でいえば

70%~80%くらいは当たっていると思う。

 

 

 

 

「70%~80%?おおスゲー!」

 

 

 

 

といって頂ける方もいれば

 

 

 

 

「少なくない?」

 

 

 

 

という方もいるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと考えてもらいたい。

ただ、ひとつ言えるのは、あの

世界のイチローは打率3割である。

f:id:tosen0302:20160830181910j:plain

 

わたしの正確性は、

打率7割~8割である。笑

 

 

これは、計算上3000本安打

イチロー2倍以上のスピード

で達成できるペースである。

これは、おそるべき早さと言えようではないか?

 

さすがのP.ローズ氏(メジャー最多安打)も

手も足も出ない記録である。笑 

 

 

 

 

ここまで自画自賛すれば、

もう、私についての説明はこれ以上なにもいらないと思う。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

では、早速だが、今回のテーマ。

 

まず、この下界において

ほとんどの男子は女子の気持ちが読めない 笑

だから恋愛でも職場でもどうしようもなくなる。

 

 

 

近年の日本の少子化

男子のコミュニケーションが原因なのではないか?

と、思うくらいである。

 

 

 

特に、

女子の心が分かってない男子に一番多いのが

 

女子から相談を受けた時に

一生懸命アドバイスする男子。

 

 

これには痛すぎて目もあてられない。笑

 f:id:tosen0302:20160528225313j:plain

 

 

なぜ、女子があなたに「相談」するのか?

 

 

それは、

「共感してほしい」からである。

いや、もっとシンプルに言うと

「話を聞いて欲しい」からだ。

 

 

 

 

 

 

ここでイタイ男子は

 

「いいとこ見せなきゃ!」

「デキル男をアピールするぜ!」

 

と、はりきってアドバイスをしまくる 笑

 

 

 

 

 

「俺ならこうするぜぇー」

 

「そんなの簡単じゃん!●●すればいんだよー!」

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな場面に出くわした時、私は、

イチローの盗塁並みにその場から離れたくなる。笑

 

f:id:tosen0302:20160830183310j:plain

 

 

 

なぜか?

 

女子はアドバイスされると、

 

 

「そんなあんたの意見聞いてないんだけど(-_-メ)」

「それは分かってるよ、ただ聞いて欲しいだけなんだけど(; ・`д・´)」

 

 

って、だいたい心の中で思っていらっしゃる。

 

 

 

 

 

間違っても、

その女子の意見をディスったら最後

 

あなたはきっとレッドカードでその女子から

生涯退場処分を受ける。笑

f:id:tosen0302:20160830181537j:plain

 

 

 

 

たまに女子に相談されたからといって、

男子は決して浮かれてはならない 笑

 

 

 

そんな時こそ「共感」

女子から「この人には話したい」

という関係性が生まれる。

 

 

 

 

 

まぁ、やさしいだけでもダメだが・・。

  

これ以上書くと調子にのりそうなので、

今日はこのへんにしておこうと思う 笑

 

 

 

次回、 

 

「仕事で正しい事を言っても、決して女子が言う事を聞かない理由。笑 」←マジか?

 

f:id:tosen0302:20160830190051p:plain

 

 

乞うご期待。

 

 

 

「教授!勉強になりますー」って思ったら

”ブックマーク”しなはれ。笑

 

シェア読者登録も無料なので、笑

気が向いたら各自どうぞ。

 

 

 

<写真引用>

・bokete

・NEVERまとめ

行け!稲中卓球部

・Yahoo!news