読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沈黙を待てない男子、沈黙がとても大切な女子

 

「でら、楽しかったがやーw」

先週、講座運営で名古屋に行き、新しい出会いもあり、楽しかった事が記憶に新しい。

 

 

 

東京に向かう帰りの新幹線も、

調子にのってグリーン車に乗り、

f:id:tosen0302:20160915225807j:plain

親方との名古屋ー品川間の東海道の会話が

「ほぼ下ネタ」

で盛り上がったという、なんとも至福の時間を過ごしたww

  

 

 

 

 

 

 

さて、先月から始まった

”女子は、ホントは男子にこうして欲しいシリーズ”

 

お蔭さまで地味にアクセスが伸びていることもあり、さらに地味に続けていこうと思う。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

では、さっそく今回のテーマ

~沈黙を待てない男子、沈黙がとても大切な女子

この話題で、今日はあなたと秋のはじまりを楽しみたいと思うw

 

 

 

 

 

実は、今回このテーマにしたきっかけがある。

 

わたくし事ではあるが、

先週、私の仕事の担当エリアで仕事の最高のパートナーでもあった、元エステサロンの美人インストラクター山崎さん。

(やまさきさん←やまざきさんと言ってしまうといつも怒られるw)

と、半年振りに再会し2人で飲みに出かけた。

f:id:tosen0302:20160913213834j:plain 

  

そして、4時間半にわたり女子?トークが繰り広げられた。

 

 

 

 

 

最初に言っておくが、今回初登場の仕事の元パートナーやまさきさんは25歳である。

  

私と10歳以上年の差がある。

そして、来年めでたく結婚することになりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※注)ちなみに、オレとじゃないよ( *´艸`)

勘違いするよう表現してみたww

 

 

 

 

 

 

 

あたしがそのやまさきさんと今でも普通に

例えるなら、まるで「志村けんと優香か!w」

f:id:tosen0302:20160915231356j:plain

と思うくらい、楽しく飲みに行けるのは、 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が、相当のイケメンか?

私が、相当女子力が高いか?

 

 

 

 

 

どちらかしかないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、もう答えはあなたにもわかるだろうw

 

 

 

 

そう、 

私が、相当女子力が高い」

 

 

 

からだw

 

 

 

 

 

 

そうでもなければ、

やまさきさんは明日仕事ということで、

あたくしが

 

「終電何時?」

 

と心配しても、

 

「タクシーで帰るので、まだ大丈夫ですよ。」

 

と終電を見送り、

しかも、この年の差で2人だけで4時間半も

トークできるであろうか?

 

 

 

 

 

 

 

しまった!!

また、つい調子にのって自画自賛してしまったw

 

 

そして、私の頭の中で天使とあくまが戦っている・・

 

 

 

 

 

 

天使「おちつけ、ブログも謙虚さが大切だよ。とうせん!!w」

あくま「いいやん、調子に乗ってもっとブログで自画自賛しちゃえよ!!w」

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

結果報告。

あくまが勝った( *´艸`)w」

 

 

 

 

 

 

  

 

 

ということで、あたくしが

 

なぜ、どの職場でも女子スタッフから支持をいただき

なぜ、女子のようにコミュニケーションが自然なのか? 

 

あなたが、明日から職場で生かせるものをお伝えしたいと思う。

 

 

 

 

 

 

まずは、毎度おなじみ

イナバ化粧品店の化粧品で女子力を上げさせていただいている 稲葉邦子ママ ↓ のおかげもある☆

f:id:tosen0302:20160831180652j:plain

f:id:tosen0302:20160831180443j:plain

 

このブログを見れば、この女性がどの超有名アーティストのお母さまか?分かるだろう。(ちなみに、わたしのおかんではないw)

 

 

ではなくw

あなたに伝えたい本当に大切なこととは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、職場での女性スタッフとの会話で

「沈黙が怖くないから」

である。

 

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

 

んん??

 

 

 

 

どゆこと???

( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分かりやすく言うと、

仕事中でも、昼ごはん中でも、やまさきさんとの会話でも

 

ごく普通に「沈黙の時間」がある。

 

というか、振り返ってみたら「沈黙があった」という方が自然かもしれない。

 

 

 

 

 

 

でも、そこであたくしは

「何か、しゃべらなきゃ!」

とか、質問して

「テンポ良く返事が欲しい」

とか、全くなかった。

 

 

 

 

 

 

なんでか??(ここ大事よ(´∀`*)ウフフ)

 

 

 

 あなたにも

「職場での女子とのイザコザ」

「彼氏彼女とのケンカ」

で、こんな経験ないやろうか?

 

********************

いま、私が生まれた街 岐阜 を舞台にした

アニメ映画~君の名は。~ が盛り上がっているので

特別に「岐阜弁バージョン」でお伝えしたいと思う。笑 

 

 

 

 

~岐阜弁バージョン~

 

男性上司「なんで、だまっとるの?」

 

女性スタッフ「・・・・。(心の中:んなことゆったって・・)」

 

男性上司「だまっとったら、わからんやん!」

 

女性スタッフ「・・・・。(心の中:いま、考えとるやん・・)」

 

男性上司「じゃあ、○○すりゃーいいやん??」

 

女性スタッフ「・・・・。(心の中:そうやないんやて。ホントは〇〇してほしいんやけど、上手く言えんのやて・・・)」

 

 

********************

 

 

どうやろうか?w( ̄▽ ̄)

(お茶の間のあなたは、まず方言が理解できたやろうか?ww)

 

これは、

沈黙を待てない、すぐ答えを求める男性上司の典型

である。

 

 

 

 

 

 

 

とうせん研究所の社会人15年の経験から、

 

 

「男子」は「沈黙=シーン・・・気まずい・・・。答えが早く欲しい。」

「女子」は「沈黙=考えて思いを言葉にするまでの大切な時間(ま、とも言う)」

 

 

なのである。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、あたくしの実経験から 

「沈黙は、女子にとって大切な時間である」

と気づいた。

なので、質問したときや、何か聞いた時

 

 

 

「待つ」

「そっと、見守る」

 

 

ことで、女性スタッフともテンポが合い、相手が話しやすくなって、「本音」を引き出しやすくなったのである。

 

 

 

 

 

これがあなたも意識できると、

「あたくしとやまさきさん」

志村けんと優香」みたいに

上下関係も年齢も関係なくトークができるのである。

f:id:tosen0302:20160915231727j:plain

 

 

 

 

お分かりになったであろうか??w

 

 

 

 

 

 皆の衆が、

 「沈黙(ま)」を怖がらない、待てる上司になり、仕事において大きくプラスに働くことをわらは願っておるぞよ。

 

f:id:tosen0302:20160919194804j:plain

 

 

 

 

 

ちょちょ!!

まって!!

例えをよく考えたら

「おれ、志村けんかよ!www」

 

 【完】

 

 

 

 

 

 

「教授!勉強になりますー」って思ったら

”ブックマーク”してもいいよーー。笑

 

シェアや読者登録も無料やから、

気が向いたら各自してなー( ̄▽ ̄)笑

 

もうすぐ。LINE@もはじめるよー( *´艸`)

 

引用:オトナ女子にもっとハッピーな休日を LAUGHY[ラフィ]